ホームけいはんなレビューその他>学研都市で大会 疾走雨より激しく(京都新聞H27.9.7)

けいはんなレビュー

学研都市で大会 疾走雨より激しく(京都新聞H27.9.7)

2015/10/07

関西文化学術研究都市の中心部を自転車で駆け抜ける「2015けいはんなサイクルレース」が6日、京都府精華町のけいはんなプラザ前を発着点に開かれた。全国各地から577人が参加し、激しい雨が時折降る中、水しぶきを上げながらさっそうと風を切って熱戦を繰り広げた。

木津川市や精華町、府自転車競技連盟、京都新聞などでつくる実行委員会が主催し今年で17回目。12.36キロのコースで周回数、距離が異なる25部門のレースが行われた。

レースには初心者から国内トップクラスの実力者までが出場した。カラフルな競技用ウェアに身を包み、号砲とともに力いっぱいペダルを踏み込んで自転車を走らせ、スピードと巧みなハンドルさばきを競った。

トップ選手が集う最上級「C1」部門では南丹市美山町出身の神戸大大学院1年、元山高嶺さん(23)=神戸市灘区、JPST=が初優勝した。20150907 saikurure-su.png

けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな
新産業創出交流センター

ページトップへ