ホームけいはんなレビューIt is けいはんな関連>体に合った運動を助言(京都新聞H27.6.7)

けいはんなレビュー

体に合った運動を助言(京都新聞H27.6.7)

2015/07/07

子どもからお年寄りまでが運動や機能訓練を行う「けいはんなトレーニングセンター」を今年5月に京都府精華町のけいはんなプラザ内にオープンさせた。インストラクターを務めていたフィットネスクラブや、その後進んだ介護の世界で学んだことが実を結んだ。「家族みんなで利用できる『ファミリーラボ』がテーマ。笑顔の輪をつくりたい」と大きな瞳を輝かせる。

機能訓練や介護予防の高齢者向けクラス、乳幼児とその親が対象の体操教室、冷えなどの女性特有の悩みを改善するためのクラスを展開。参加者は1回5~6人(組)悩みを聞き、体の状況を把握した上でそれぞれに合った運動をアドバイスする。「運動の概念が変わったと笑顔になってくれるとやりがいを感じる」

18歳でフィットネスのインストラクターになったが、足のけがをきっかけに一線を退いた。口だけで指導するのはつらく、退職の道を進んだ。折しも夫が務める建設会社が倒産した。暮らしが一変し、小銭を握りしめ、もやしを買いに行く日が続いた。

介護の現場に転職した。フィットネス業界とは異なる世界に戸惑いながらも、デイサービスセンターの運営などを狙った。出産を機に退職し、フリーの立場で地域の介護予防や子育ての指導を経験し、幅広い世代が集う新しい施設をつくりたいと考えるようになった。

施設の用地探しや資金繰りが難航する中で、十分な子育てもできず、「何のためにやっているのか」と涙したことも。だが「やめたい」とこぼした時に、長男から「苦しいことから逃げようとしてる」と言われたことが、あきらめずに進むきっかけになった。

介護保険制度の改正で要支援の一部サービスが国から市町村に移管され始めた。高齢者は増え続け、介護予防の重要性は一層高まる。「将来は介護サービスも提供し、多様なニーズに応えたい」と夢を語る。20150607 conndhisyoninngu.png

けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな
新産業創出交流センター

ページトップへ