ホームけいはんなレビューその他>きっづふぉとん子ども向け教室 「光」工作不思議だな(京都新聞H27.5.4)

けいはんなレビュー

きっづふぉとん子ども向け教室 「光」工作不思議だな(京都新聞H27.5.4)

2015/06/04

木津川市梅美台のきっづ光科学館ふぉとんはゴールデンウィーク(GW)期間中、光に関係する工作教室を開いている。3日の教室では子供たちが光ファイバーを使った飾りやさまざまなタイプの万華鏡を作り、光の不思議を学んでいた。

同館では連休や長期休暇に合わせて工作教室を開く。GW中は3日~6日まで連日5種類の工作を準備。元理科教諭や大学生らが講師を務める。

「三角万華鏡」づくりでは、内側が鏡面になった三角すいを組み立て、側面に開いた穴にセロハンテープを貼り、色を塗った。のぞき込むと塗った色がきらきらと輝く。母親や弟と訪れた城陽市寺田の足立蓮太郎君(5)は「赤や緑、紫とかにひかっていてきれいだった」と話していた。20150504 foton.png

けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな
新産業創出交流センター

ページトップへ