ホームけいはんなレビューIt is けいはんな関連>イスラエルのテクニオン大 学研に拠点開設へ 本年度内企業、大学と共同研究(京都新聞H27.5.22)

けいはんなレビュー

イスラエルのテクニオン大 学研に拠点開設へ 本年度内企業、大学と共同研究(京都新聞H27.5.22)

2015/06/22

イスラエルのテクニオン・イスラエル工科大が関西文化学術研究都市のけいはんなオープンイノベーションセンター(木津川市・精華町、旧私のしごと館)に、京都の企業や大学、研究機関との連携拠点を本年度内にも開設する方針を固めたことが21日分かった。

同センターで開催中の京都スマートシティエキスポをめぐる連携の中で計画が浮上した。京都府も開設に協力することを決めた。

医療やものづくり、環境、農業などの分野で共同研究プロジェクトを行う計画で、すでに医療分野の製品開発案件が具体化に向けて動き始めている。研究者の交流推進にもつなげる意向で、テクニオン大の卒業生が働く企業の紹介や、交換留学なども検討しているという。

テクニオン大は、米マサチューセッツ工科大と並ぶ教育水準とされる。ボアズ・ゴラニー副学長は「京都は東京と違って落ち着いて研究ができ、事業を始めるのに適切な場所だ。京都の企業や大学は高い技術があり、互いに協力することで新しい道を開くことができる」と話している。

けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな
新産業創出交流センター

ページトップへ