光医療産業バレー研究会

研究会について

研究会予定と経過

第50回 けいはんな光医療産業バレー研究会開催しました
第50回けいはんな光医療産業バレー研究会
日時2011年9月27日(火)14:00-15:30
場所けいはんなプラザ 交流棟5階「ボルガ」 
講師筑波大学 大学院 人間総合科学研究科
准教授 熊田 博明 氏
講演内容

中性子を用いて難治がんを治す次世代の放射線治療 ―中性子捕捉療法 ―
放射線の一種である粒子線を難治がんに照射して治療する研究開発が、日本国内で幾つか進んでいます。今回の研究会では、筑波大学で研究されている中性子補足療法について報告していただきます。


 

第49回 けいはんな光医療産業バレー研究会開催しました
第49回けいはんな光医療産業バレー研究会
日時平成23年1月26日(水) 14:00~15:30
場所けいはんなプラザ 交流棟5階「ボルガ」 
講師

講演Ⅰ
 野村 大成 氏 
  大阪大学名誉教授、連携大学院医学系研究科教授
  神戸大学医学系研究科客員教授(粒子線医療)
  独立行政法人医薬基盤研究所野村プロジェクト・プロジェクトリーダー
  Clinical Professor, The John A. Burns School of Medicine, University of Hawaii

講演Ⅱ
 河西 俊一 氏
  独立行政法人日本原子力研究開発機構
  関西光科学研究所長 光医療研究連携センター長
  量子ビーム応用研究部門 副部門長

講演内容

講演Ⅰ
「医薬基盤研究所の概要と疾患モデルマウスを用いた人体影響評価」

講演Ⅱ
「科学技術振興調整費プログラム“光医療産業バレー拠点創出”
 の審査結果と今後の取組み」

 

新産業創出交流センター
けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな

ページトップへ