ホームIt is けいはんなけいはんなを楽しむ公開施設>大阪市立大学理学部附属植物園

It is けんはんな|けいはんなを楽しむ

けいはんなを楽しむ

公開施設

大阪市立大学理学部附属植物園

昭和25年に大学の研究施設として発足し、以来、植物学の基礎研究の対象として植物の収集と保存につとめ、特に日本産の樹木を多く植栽展示しています。ま た、近年は絶滅危惧植物の保護育成にも積極的に取り組んでいます。当植物園には大きなメタセコイアの林があり、ひとつのシンボル的な存在になっています。 メタセコイアは当園と深い因縁があり、元園長三木茂博士はメタセコイアの発見者としても知られ、その縁で当植物園にはわが国でもいち早く導入されました。 今、大きく育ったメタセコイアの林は見る人を圧倒します。

地区 周辺地区
名称 大阪市立大学理学部附属植物園
ふりがな おおさかしりつだいがくりがくぶふぞくしょくぶつえん
所在地 〒576-0004
大阪府交野市私市2000地図はこちら
TEL 072-891-2059
FAX 072-891-2101
URL http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/botan/index.html
備考
It is けいはんな
けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
新産業創出交流センター

ページトップへ