ホームお知らせ一覧その他>平成27年度 マッチング推進事業・有望テーマ事業化推進事業の公募について

お知らせ一覧

平成27年度 マッチング推進事業・有望テーマ事業化推進事業の公募について

2015/06/01

「マッチング推進事業」及び「有望テーマ事業化推進事業」の公募を平成27年6月1日(月)から開始いたしましたのでお知らせします。

1.事業概要
 本事業は、けいはんな学研都市発の新事業の創出・拡大に取り組む 中小・ベンチャー企業を支援することにより、けいはんな学研都市における顔の見えるネットワーク「KITコミュニティ」等を活用することにより、新事業が次々と展開する「けいはんなイノベーションクラスター」の形成を推進し、もってけいはんな学研都市の活性化並びに関西経済の持続的な発展に 寄与することを目的とするものです。

2.マッチング推進事業
 採択された「新商品・新サービス」を保有する中小企業・ベンチャー企業の販路開拓を支援します。販路開拓先は、当センター新産業創出会員の企業会員 を含めた川下企業を中心に紹介します。
またコーディネータが、展示説明会への出展案内、けいはんなベンチャー通信(推進機構のホームページ)への掲載、広報研究会を通じたメディアへの取材・紹介など多面的な機会を通じて、マッチング先へ提案・交渉活動をサポートします。
<会員企業一覧はこちら>


3.有望テーマ事業化推進事業
 けいはんな学研都市及びその周辺から生まれた有望な新技術・新商品の 事業化を支援します。
採択された「事業化テーマ」に対しては、コーディネータが販路開拓 ・拡大支援、新規事業連携支援、資金獲得支援、起業支援、技術移転支援、 海外ビジネス支援等、事業化に必要な支援を行います。

4.過去の成果事例
 A社:大手川下企業の物流部材調達推薦リストに、自社製品を掲載してもらう事ができ、販路拡大が期待できる。(マッチング推進事業)
 B社:大手川下企業の社内販売網(イントラネット販売カタログに掲載、社内売店に商品を陳列販売)での販売品に採用頂き、販路拡大と増販につながった。(マッチング推進事業)
 C社:大手川下企業に自社試作部品を紹介、共同研究を通じて自社のみではわからなかった完成品搭載等アプリケ-ションに必要な課題が抽出でき、部品完成度向上に向けて性能改善が図れた。(有望テ-マ事業化推進事業)
 D社:自社製品の理論的裏付けを図るため、産学連携により共同研究を実施、更にその他の関係者も含めた研究会発足に至ることができた。(有望テ-マ事業化推進事業)
 E社:ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金の申請書作成支援の結果、採択に至った。(有望テ-マ事業化推進事業)
 F社:自社製品の製品発売に合わせたプレスリリース活動を支援し、新聞記事掲載を実現できた。(マッチング推進事業)
 G社:大手川下企業に自社製品を紹介し、試行的に使用する採用に繋がった。今後も他の製品も含めた販路拡大が期待できる。(マッチング推進事業)
 H社:自社新規開発製品の製品情報の発信支援と併せて他の支援機関と連携した販路コーディネート活動を行い、多くの引き合いに至った。(有望テーマ事業化推進事業)

5.応募受付期間
平成27年6月1日(月)~6月29日(月) 17:00必着

6.公募要領
公募の詳細はこちらからご覧ください。

7.問合せ先及び提案書提出先
〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目7 けいはんなプラザ・ラボ棟3階
       公益財団法人 関西文化学術研究都市推進機構
      新産業創出交流センター 事務局(担当:岡本)
      E-mail :j-kitc@kri.or.jp
      TEL:0774-98-2230  FAX:0774-98-2202

けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな
新産業創出交流センター

ページトップへ